地質調査をしたら井戸掘りしよう~災害時にも役立つ井戸~

地盤改良

地質をチェックしてみよう

ワーカー

住宅を建てる時には必須の調査

井戸掘りをする時や地盤調査をする時などに行なう調査の1つに地質調査があります。この調査は家を建てる時には必ずしなければならない調査を言われています。地質調査をすることによって、住宅の地盤沈下などが発生するのを防ぐことができるのです。また、地質調査をして、住宅を建てられる土地でないという結果が出た場合、地盤改良などを行なって建物を建てられる土地へと変えることもできます。安心して暮らしていく為にはこうした地質調査は欠かすことができないものと言えるでしょう。地質調査をしておくことによって、国内でも多発している地震に備えることができます。

方法を知ろう

地質調査の方法としては、SWS試験、表面波探査法、ボーリング・標準貫入試験というものが一般的に行われています。SWS試験は機械で土地に負荷をかけ、どれ位沈下するかチェックする方法となっています。表面波探査法は、地震のような振動を人工的につくり、それを地面に与えた時にどのくらいの振動が検知するかをチェックする方法となっています。地震の多い国内では欠かせない地質調査方法と言えるでしょう。ボーリング・標準貫入試験の場合は主に大型ビルや大きな建築物を建てる時に利用される方法となっています。こうした地質調査は全て専門業者に依頼することができますが、その分費用がかかってしまいます。依頼する業者を選ぶ時には、地質調査費用を比較しながら決めるのが良いでしょう。安心して住むことができる地質と判断された場合には、住宅建設だけでなく、その後井戸掘りなどもすることができるのです。